読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FBアフリエイトについて

FBアフリエイトページの作成&運営について

稼ぐアフィリエイトブログの作り方とは

サンプルとしてモテない系のキーワードで検索する方をターゲットにしたサイトの作り方の簡単な例を紹介してみます。

 

基本の集客は検索経由

最近ではTwitterFacebookなどSNSからの流入をメインにしているブログが結構ありますが、これは一時的な集客になる場合が多いです。つまり、SNSからの流入で集客しようと思ったら更新頻度やそれなりのコンテンツが必要になります。

SNSからの集客ではなく、検索経由での集客を狙っています。

 

f:id:furiend5000:20161123221227p:plain

 

これは需要のある(よく検索される)キーワードで上位表示(検索1ページ目)されているからなんです。

例えば「アフィリエイト ブログ」とか「アフィリエイト 稼ぐ」などのキーワードで検索するとこのブログが1ページ目に表示されているのが分かると思います。

各個別記事でそれぞれキーワードを選定して記事を書くので書けば書くほど上位に上がるワードが増える可能性が高くなり、一度上位表示さえできれば後は検索経由で訪問者が来てくれますので目指すならSNS経由よりも検索経由を狙う方がおすすめです。

 

サイトの設計図を作る

私の場合はサイトを作る前に設計図を作っておきます。どのようなキーワードでどのような記事を書いていくのか大体の設計図を作成しています。

まず今回サンプルとして選んだテーマが「モテる」というキーワードになります。これを選んだ理由としては自分の容姿に自信が持てないという悩みはいつの時代も存在するという点です。テーマ選びは自由ですが、私の場合はこのような風化しにくいテーマを選ぶようにしてます。

流行りを追いかけるようなテーマになると常に更新が必要になりますし、古い情報に価値が無くなってしまいますよね。例えば最近のニュースネタでブログを作成すると毎日の更新が必要ですし、古いニュースの需要って多くはありません。なので選ぶなら風化しにくいテーマを選ぶのがおすすめです。

という訳でテーマを決めたら関連するキーワードを探す必要があります。それには「Yahoo!知恵袋」などの質問が多く寄せられるサイトを利用します。

人はそれぞれ悩みがありますよね。「コミュニケーションの悩み」「体型の悩み」「コンプレックス」「ファッション」などYahoo!の知恵袋で検索すれば色々な悩みを探す事ができます。ここに寄せられる質問をピックアップしていきます。それがブログ記事の骨格になる部分です。

質問が多い物ほど悩みを持つ人が多いという事ですし、その分需要があるという事になります。

 

質問の内容を元にキーワード選定をする

さて、悩みをピックアップできたらそれを元にしてキーワード選定をしていきます。悩みを持つ人がどのような検索キーワードで検索するのか?という部分を調べていきます。

要はこのよく検索されるキーワードで検索結果の1ページ目に表示(上位表示)させるのが集客の基本になります。つまり悩みを持つ人をターゲットに集客して解決策(商品やサービス)を紹介するサイトにしてしまおうという流れです。

例えばYahoo!知恵袋に次のような質問があったとします。

異性と話をしたいですがきっかけがありません。どのような話題から始めたらいいですか?

この質問から適当にキーワードをピックアップして「異性と会話」をGoogleで検索してみると、一番下に関連ワードが表示されます。

 

f:id:furiend5000:20161123222026p:plain

 

この辺のキーワードを記事タイトルや記事内容に入れて記事を作成する事ができそうですね。この関連ワードを拾って行って幾つか複合キーワードを探します。

関連ワードが表示されない場合には簡易的な無料キーワードツール(goodkeyword)を使って調べる事もできます。

goodkeyword.net

f:id:furiend5000:20161123222310p:plain

 

こんな感じで関連するようなキーワードを拾っていき、記事にできそうな物を探していきます。探せばいくらでもキーワードが探せます。

ただ、上記で探してきたキーワードではどれくらい需要があるか分かりませんので、検索ボリュームを調べる場合には無料で使えるGoogleのキーワードプランナーを使います。

affiliate150.com

 

f:id:furiend5000:20161123222528p:plain

 

上記は月間検索数が多くはないので、あまりいい例ではありませんが、競合性は「低」なのでこのキーワードを使って記事を書けば上位表示させる事は可能だと思います。コンテンツ次第ですが。

 

キーワード選定を元に記事タイトルとコンテンツを作成する

大まかな設計図とキーワード選定ができれば後は記事をどんどん書いていく作業です。

難しく考える必要はありません。上位表示させたいキーワードを「記事タイトル」や「記事本文」に含めて記事を書くだけです。

例えばですね、かなり適当ですが、上記でピックアップしたキーワードを使うなら記事タイトルを

「異性との会話で失敗しないために知っておきたい3つのコツ」

みたいなタイトルにして内容として次のようなコンテンツを作成する事ができます。

  • 異性と会話をするきっかけの作り方
  • 会話を続けるために意識しておきたいポイント
  • 緊張しないための練習方法
  • 異性との会話が続かかない場合の対処方法

こんな感じで1つのコンテンツとしてまとめる記事ができそうですよね。これで1記事です。

また別の質問をピックアップして違うキーワードでまた1記事1記事増やしていきます。こんな風にコンテンツを作成し、記事数が増えてくるとブログの評価も少しづつ上がってきますし、それに伴って個別記事の順位も上がっていきます。コンテンツ次第ですが。

もう少し幾つか例を書いてみます。

 

顔のコンプレックスを解消する

サンプルとしてまずは自分の顔は自分で変えられる事を知ってもらうような記事も書いてみる事もできます。例えば「造顔マッサージ」。これは人気のマッサージですし、超手軽に簡単にでき、時間もかからないマッサージです。

キーワード選定としては「造顔マッサ-ジ 効果」とか「造顔マッサ-ジ 画像」などのキーワードで検索される方がいますね。

 

f:id:furiend5000:20161123223027p:plain

テレビやメディアでも紹介されてロングセラーとなっている商品です。これを体験レビュー型で紹介したり、口コミや効果を紹介したりするというのも1つの手段になります。

 

このような満足度の高い口コミが多数あるので確認してみるといいでしょう。

「毎日マッサージをしたら、本当に顔が変わったので(特にリフトアップした感アリ)ビックリ。私は拭き取りタイプのクリームでやるのが面倒且つあまり好みではないので、いつものお手入れの最後に使うクリームや美容液の「すべり」を利用したり、拭き取り不要のマッサージクリームを使用しています。コレがすごいのは、それでもしっかり効果があるのだから感心に尽きます。」

 

「エステティシャン(有資格者です)の立場から言いますと、ツルツルすべすべ等という他の方がおっしゃるような肌質の変化は、マッサージによる血行促進・相乗効果の結果の産物であって、全ての方が感じるものではではないと思います。私は肌質の変化は感じませんでした。ただ、このマッサージの本来の目的のむくみを取り、お顔の印象や均整を整えるというものは、とても感じることができました。」

 

楽天ブックス: 造顔マッサージ の検索結果

 

Amazon CAPTCHA

 

そしてAmazonで「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という商品も一緒に紹介できたりします。

例えば先ほどのマッサージの本と一緒に購入されている「マッサージクリーム」とかも紹介できますので、別記事で「マッサージクリーム ランキング」「マッサージクリーム おすすめ」などのキーワードを狙う記事もできます。このキーワードも需要がありそうです。

これが骨格の1つになるので、この商品を紹介するページに誘導できる記事(関連記事)を作成していきます。例えば「効果的な顔のマッサージ方法」とか「おすすめの洗顔方法」的な感じの記事をどんどん増やして商品紹介ページへ流す事ができます。

 

髪型のコンプレックスを解消する

髪型を変えるには美容室が一番ですが、それ以外の部分に目を付けて有益な情報を公開していきます。例えば男性用ヘアワックスの使い方を紹介し、おすすめのヘアワックスへ誘導する事ができますよね。

ワックスの使い方などはよく検索されるキーワードの1つで調べてみると次のようなキーワードが拾えます。

  • ヘアワックス 使い方
  • ヘアワックス おすすめ
  • ヘアワックス ランキング
  • ヘアワックス 付け方
  • ヘアワックス 人気

ワックスを上手く使えない人も多い事が予想できますので、ワックスに関する知識や失敗しないワックスの使い方なども記事にできそうですね。

テーマを絞ってこの部分だけでも1つのサイトを作ってみてもいいかも知れません。テーマを絞る方が上位表示は狙いやすいです。

女性用にはセルフカットの仕方やヘアアイロンの使い方の基本的な部分等をまとめながらおすすめのヘアアイロンなんかを紹介したりする事もできます。

他にもおすすめのシャンプーや脱毛器なども紹介できますしこれもブログの骨格と肉付けの1つの例になります。

 

ファッションのコンプレックスを解消する

どうすればオシャレに見えるのか?モテる服ってどんな服?というような事を知りたい人も非常に多いですので、これもキーワード選定をして需要のありそうなキーワードを拾い記事にしていきます。

特にファッションの場合は1つ1つ訪問者が納得できる情報を入れて納得してもらう事が大事ですし、再現性がないと上手く行きません。

なので例えば「ユニクロだけでできる●●コーディネート」や「●●をオシャレに見せる3つのポイント」みたいな掴みの記事も必要になるかと思います。

ファッション系のアフィリエイトは商品リンクもいいですが、流行と共におすすめが変わってくるのでショップへのリンクになる広告を探してくるようなスタイルでもいいかもしれません。

特にコーディネート例が沢山紹介されているショップのリンクがおすすめ。カラーの組み合わせのポイント等をを紹介したり、自信が無ければ紹介されているコーディネートを全部真似るようにおすすめする事もできますね。

 

f:id:furiend5000:20161123223948p:plain

 

広告や商材の選び方

ここは非常に大事です。狙ったキーワードで記事を書いて上位表示できても肝心の広告が無ければ意味がありませんので、広告選びのポイントも紹介しておきます。

 

一番紹介しやすいのはAmazon楽天の商品ですが、どちらも報酬率が高くありません。報酬率が1%から3%程度なので1,000円の商品が売れても数十円にしかなりません。なので個人的にはAmazon楽天は最終手段と思ってます。

 

なので私の場合、順番的には紹介できる商材や広告探しが先です、それからテーマや構成などを考えるようにしてます。

という訳で上記のサンプルで使えそうな広告をAmazon楽天以外で探してみました。1件で1000円~5000円程度の収入になる案件です。

 

↓↓男性に人気のメンズコスメの商品です。メディアでも多数紹介されており認知度が高いので売れやすい商品の1つ。

 

f:id:furiend5000:20161123224200p:plain

 

↓↓雑誌で話題「寝ながら二重」の商品

 

f:id:furiend5000:20161123224301p:plain

 

↓↓着ているだけで筋トレ効果。話題の鉄筋シャツ(マジか!)

 

f:id:furiend5000:20161123224429p:plain

 

報酬を左右する広告や商材選びが重要

前述したようにアフィリエイトで稼ぐ場合にはAmazon楽天の商品以外でメインの商材を探す必要があります。個人的にはサイトのテーマを決めるよりも先に紹介できる広告や商材を探してからテーマを決めています。

この広告の選び方で報酬は全く違ってきます。

 

さて、広告を設置するにはその広告を管理している無料のASPに登録が必要です。

ASPは広告主とアフィリエイターを仲介する役割で、例えばAmazonの商品を紹介するならAmazonアソシエイトに登録、楽天の商品を紹介するなら楽天アフィリエイトに登録が必要というイメージです。

どのASPも登録や利用すべて無料で使えますし、1つのサイトで複数のASPに登録もOKです。

 

現在かなり多くのASPがあり、それぞれ得意な広告の分野(ジャンル)が違いますので、登録しているASPが多いと扱える広告のジャンルが増えるので有利になりますが、全て登録するのは本当に大変です、それほど現在ASPは多い。

という訳で最低限必要な大手のASPをいくつか紹介しておきます。

以下紹介する5つのASPに無料登録しておけばほとんどのジャンルはカバーできます。登録完了までしばらく時間のかかるASPもあるので、先にまとめて登録しておいていつでも広告を扱えるようにしておいて下さい。

 

おそらくほとんどの方が登録していると思いますが、大手ASPのA8ネットです。これは必須のASP

あらゆるジャンルの広告が豊富に揃っていますし、Amazon楽天の商品もアフィリエイトできます。