FBアフリエイトについて

FBアフリエイトページの作成&運営について

A8ネットを使って楽天、Amazonの商品を探す

A8ネットでは本家Amazon楽天ASPに登録してなくても楽天Amazonアフィリエイトする事ができます。

 

商品を探す手順

A8ネットでAmazonの商品を紹介したい場合は先に管理画面トップの検索画面で「Amazon.co.jp成果反映用」というのを検索して提携されているか確認しておきましょう。

以前は最初から提携済になっていたのですが、最近は先に提携が必要のようです。

もし提携が承認されない場合には別のブログを用意して再度提携の申請をします。

提携する時にアピールサイトを切り替えてして再度提携の申請をしてみて下さい。

 

事前に提携の確認をする

f:id:furiend5000:20161127231828p:plain

 

f:id:furiend5000:20161128131506j:plain

 

1、商品単品のアフィリエイトリンク

まずは1番目の商品単品のアフィリエイトリンクの作り方から紹介していきますので、管理画面にログイン。

 

f:id:furiend5000:20161127232315p:plain

 

A8ネットの管理画面のメニュー部分に「ツール」というのがありますよね。この「ツール」にカーソルを合わせるとサブメニューが開くので、この中から「楽天ツール」もしくは「Amazonツール」をクリックして下さい。

 

f:id:furiend5000:20161127232343p:plain

 

今回は「楽天ツール」をクリックして説明してみます。表示された画面の上にいろいろなツールが表示されていますが、まずは基本的な「商品リンク作成」をクリック。

 

f:id:furiend5000:20161127232518p:plain

 

すると商品検索の画面になるので、キーワードを入れて検索。価格や細かい絞込みもできますが、私の場合はキーワードだけを入れて検索する事が多いです。

 

f:id:furiend5000:20161127232553p:plain

 

検索結果一覧が表示されるので、好きな商品を選択して「商品リンク作成」をクリック。

 

f:id:furiend5000:20161127232641p:plain

 

次の画面でリンクの種類を決めて行きます。広告を貼り付ける「掲載サイトを選択」し、「画像」「価格」「枠線」等を使用するかどうか等、細かく設定できますし、テキストのみで表示する事もできます。

 

f:id:furiend5000:20161127232729p:plain

 

右のプレビューにいちいち反映されるので、確認しながら作成してみて下さい。後は、下に「商品リンクコード」が生成されるので「タグを選択」をクリックして全体を選択しておいてコピーし、その商品リンクコードをそのままブログに貼り付けると完成。

Amazonの商品も同じように探せます。「Amazonツール」をクリックすると「キーワード」で検索できます。

 

2、検索結果一覧ページをアフィリエイトリンクにする

さて、ここからが2番目のやり方です。商品を検索し、検索結果一覧ページをアフィリエイトリンクにする方法です。商品を検索した時の一覧ページをそのままリンクにできるので、在庫がなくなってもリンク切れの心配もないのでおすすめです。

説明だけではピンとこないと思うので、実際にやってみましょう。

A8ネットのログインした後の画面で「ツール」の中の「楽天ツール」もしくは「Amazonツール」をクリック。ここまでは先程と同じ。その次に今度は「任意ページリンク作成」をクリック。

 

f:id:furiend5000:20161127233150p:plain

 

するとこんな画面になります。

 

f:id:furiend5000:20161127233226p:plain

 

ここまで来たらこの画面は一度そのままにしておいて、楽天市場へ移動します。(Amazonの場合はAmazon.co.jpへ)。
楽天市場トップページへ

楽天市場の検索窓で紹介したい商品を検索します。検索すると商品の一覧が表示されますよね。画面上のURLの窓にこの一覧ページのURLが表示されていますのでこのURLをそのままコピー。

 

f:id:furiend5000:20161127233323p:plain

 

コピーできたら先ほど放置したA8ネットの画面に戻り、「楽天リンク先URL」という部分に先ほどコピーしたURLを入力。そして表示するテキストを自分で書いて「掲載サイト」を選択し、「リンク作成」をクリック。

 

f:id:furiend5000:20161127233400p:plain

 

後は生成されたリンクをブログに貼り付けで完了。テキストは商品名が分かるテキストにしておきます。「激安はこちら」とかはNG。

Amazonの場合も同じ手順ですが最後だけちょっと違う部分があります。「ツール」⇒「Amazon広告素材」⇒「任意ページへのリンク作成」でAmazon.co.jpの商品一覧ページのURLを入力し、掲載サイトを選択するまでは同じ。

 

f:id:furiend5000:20161127233518p:plain

 

リンク作成をクリックして表示される商品リンクコードをサイトに貼り付けます。貼り付けた後に商品リンクコードの最後の部分にに「任意のテキスト」という部分があるので、それを表示したいテキストに書き換えて下さい。

 

f:id:furiend5000:20161127233556p:plain

 

以上がA8ネットで楽天Amazonの商品を探すやり方です。慣れるまで何度か練習してみて下さいね。
A8ネットの登録から使い方までのまとめ

少し画面が変わたが、概ね操作は変化ない。