読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FBアフリエイトについて

FBアフリエイトページの作成&運営について

アフィリエイトが儲からない?打開策は

アフィリエイトが儲からないビジネスである理由は、以下の4つが上げられます。

1. 収益率が低い

個人アフィリエイトは収益率が低いです。理由は大きく3つあります。

1-1.単価はクライアントの言い値である

成果単価は、基本的にクライアント(広告主)の言い値です。
ですので、クライアントが500円から100円に下げると言ったら100円になります。
クライアントの商品をアピールするページを作ったとしても、クライアントはいつでも報酬単価を下げることができますし、その商品のアフィリエイト自体が終了してしまう可能性もあります。
(今後はクライアント間の競争によって、成果報酬単価が引き上がってくる可能性もありますが、現在は市場全体的にクライアント側へ利益が集中していると言えます)

1-2.成果発生条件はクライアントに決定権がある

商品やサービスを購入・申し込みして初めて成果が発生するアフィリエイトでは、その成果発生条件はクライアントが全て決定権を持っています。初回限定ユーザーのみ、入力項目に不備がないユーザーのみ、予約だけではなく実際に来店してくれたユーザーのみ、と成果発生条件は、厳しい縛りがあるケースが多いです。
扱う商品にもよりますが、発生した成果の約3割が除外になるというケースをよく耳にします。

1-3.クライアントのマーケティング活動の一部である

あなたがユーザーを集客しても、そこで販売する商品やサービスはクライアントのものです。その商品・サービスが生み出す利益率が50%だったとしても、あなたにはその1%〜10%しか支払われません。
あなたが集客したユーザーに、あなた自身の商品を売ることに比べると、利益率が非常に低くなると言えます。

 

2.世界中の相手と競争しなければならない

インターネット以前のビジネスでは、限られた環境の中の競合に勝てれば良い時代でした。例えば、東京都の上野の一角でペットショップを開業するとすれば、上野周辺のペットショップに差別化して何らかの分野で勝てれば良いのです。

ところがネット上でビジネスを行うということは、ネット上で既にビジネスを行っている世界中の競合が相手になると言う事なのです。しかも、ほとんどの業界・分野において既に圧倒的地位の競合が存在します。
あなたは上野周辺だけではなく、世界中のペット関連企業・店舗と競争して、何らか勝てる自信はありますか?
ネット上でビジネスを行うということは、アフィリエイトに限らず、世界中の競合と戦っていくことになるのです。

大半の人は他人よりも優れたノウハウを提供することができないため、結果として世界中のウェブサイトの中から見つけ出してもらう事が出来ません。

 

3.継続率が低い

あなたがアフィリエイトを行う場合、あなたの役割はクライアントサイトに対して、ユーザーの購買意欲をできるだけ高めた状態でユーザーを誘引してあげることです。
ところが、めでたくユーザーがコンバージョンをしたとしても、もうあなたのサイトに訪れることは無いでしょう。その代わり、次から直接そのクライアントサイトへアクセスして購買行動を起こすでしょう。つまり、あなたがユーザーを集客しても、その殆どすべてが1度きりで終わってしまうのです。

継続率がないという事は、ユーザー一人あたりのLTV(顧客生涯価値)が低いため、先述した利益率が低いところにも通じます。グローバルで競争が激しいネットビジネスにおいて、継続率のないビジネスモデルは損益分岐点が低くなってしまうため致命的です。